スタッフブログ

本業を生かして新たな価値を創出することの難しさ

最近、お客様との会話の中で、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種や収束時期、その後の国内の動きなどに話題が及ぶ機会が増えております。
その多くは
①ワクチン接種の有無や時期
②今年や来年の人々の動き
③中長期的に見た国内情勢に対する所感
です。

①ワクチン接種の有無や時期
これに関しては、「ワクチン接種しますか?」からストレートに聞いてしまいますが、「早く打ちたい」や「様子を見て打ちたい」と話される方は多いというのが実感で、全体の80%程度の方がおっしゃいます。
理由を聞くと「日々色々な方と会う機会が多いため」が一番多く、「年齢的に、肥満など罹患すると重症化してしまうのではないか?」というのが次に多いです。
逆に「当面は考えていない」「打ちたくない」など話される方は、「日本製が出るまで待ちたい」、「成人してからインフルエンザなどの予防接種をしたことがないので副反応が怖い」、「自分が接種しなくてもいずれ収束するだろう」と理由は様々です。
このことから見えてくるのは接種希望する方は一日も早い収束を願っていたり、身内や友人、同僚にうつさない、重症化したくないと思っている傾向が強く、接種をあまり考えていない方は副反応が怖い、報道(情報)に対する不信などを抱いている傾向が多いと思います。
それぞれの方の捉え方次第なところも多いため詳しくはふれませんがご自身の生命に対すること、普段のご商売に対する姿勢、周囲の方への配慮などその方の違った一面が垣間見えてとても興味深いです。
個人的には一日でも早く打ちたいです。

②今年や来年の人々の動き
あちこちで言われるのは、さんざん自粛生活をしているので旅行や飲食需要は一時的に爆発的に増加するだろうという点ですが、皆さん異口同音に話されるのは「外国からの観光客は年内はまずないだろう、早くても来年の春以降だろう」ということでした。
「観光旅行や温泉に行きたいな」と話される方に「行かないんですか?」と聞くと「新型コロナウイルス感染症の罹患リスクを考えた場合、GO TOキャンペーンで安く行けるなどキッカケがないと行きません。」という声が多いです。
個人的には動機がリスクをまだ上回っていない状況ということでの現状認識だと思っています。
それを踏まえた話で出てくるのは、宅配やプチ贅沢などのお取り寄せ、ゲーム、不動産などの巣ごもり関連需要は今後収束が見えてきたときに一時的に減退するのではないかという予想ですが、コロナ禍で経済面でダメージを負っている方も多いため、この流れは長続きしないだろうというのは皆さん共通しています。

③中長期的に見た国内情勢に対する所感

 新型コロナウイルス感染症がそう遠くない将来に収束したとしても、「やはり日本は少子高齢化社会だから何を消費するのか選択する社会がより進むだろう」という声は多く、住宅や車など様々なモノを所有することによる価値を感じるモノ消費から興味や好奇心を刺激するサービスを体験することなどに対するコト消費へ社会は変動すると言われています。
さらに「音楽ライブ、ミュージカルやスポーツ大会・花火大会」など「その日時にその場所でしか体験できないこと」に代表されるトキ消費という言葉も出てきました。
先月当社でも、ぐるーぷ1総会の女川オンラインツアーに多数のお客様にご参加頂きました。これが単なるお土産付きで旅行会社の方から説明を受けるだけでは「モノ消費」でしょうが、コロナ禍という今だからこその取り組みで、オンラインによる疑似体験をという「トキ消費」に見事につなげた企画でした。女川町の方や水産加工場の方々のこだわりポイントなどをしぼった見せ方などの演出は見事なモノでした。

新型コロナウイルス感染症が収束したあかつきに、現地に足を運んで感動する実体験をしていただくこと、またリピーターの獲得やSNSなどを利用した情報の拡散、感動の共有に繋げるのだろうと想像出来るとても興味深いイベントであったと思います。
キッカケは東日本大震災からの復興であったとしても、水産加工場という「モノ消費」中心の商売からの変化に取り組む地方企業の姿は、コロナ禍からの回復過程で経験するであろうそれぞれの企業の取り組みの参考になったのではないかと思います。

一意専心や二兎を追うものは一兎も得ずという言葉もありますが、是非一石二鳥を目指して本業を生かした新たな価値の創出を考えたときそれぞれにあった解決法が見えてくるかも知れませんね。

今回もお読みいただきありがとうございました。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

…………………………………………………………………………
「経営革新等支援機関」認定について

http://www.daiichi-keiei.com/infomation/keieishien/

…………………………………………………………………………
…………………………………………………………………………
Webでのお問い合わせお申し込みはこちら

http://daiichi-keiei.jp/gosoudan

…………………………………………………………………………
■ 第一経営 グループ
【本部事務所】
〒330-0835
 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目332
 (JRさいたま新都心駅より徒歩8分)
株式会社 第一経営相談所
TEL 048-650-0101(本部代表)
  048-650-0022(行政書士室)
  048-727-2021(FP事業部)
FAX 048-650-0102
社会保険労務士法人 第一経営 大宮事務所
TEL 048-650-0101 / FAX 048-650-0118
【大宮事務所】
〒330-0835
 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1-332
 (JRさいたま新都心駅より徒歩8分)
TEL 048-658-8888 / FAX 048-658-8900
【川口事務所】
〒335-0004
 埼玉県蕨市中央3丁目2番5号
 (JR蕨駅より徒歩3分)
 TEL 048-433-8234 / FAX 048-433-8327
【川越事務所】
〒350-0033
 埼玉県川越市富士見町32-2
 (JR川越線 川越駅より徒歩12分)
 TEL 049-236-3333 / FAX 049-236-3335

【越谷事務所】
〒343-0816
 埼玉県越谷市弥生町2-20 井橋第2ビル 4F
 (東武伊勢崎線 越谷駅東口より徒歩3分)
 TEL 048-967-3371 /FAX 048-967-3373
【熊谷事務所】
〒360-0841
埼玉県熊谷市新堀1丁目746-1 朝日ビル2F
 (JR籠原駅北口より徒歩2分)
 TEL 048-533-8335 /FAX 048-533-8336
■ 会社案内
  http://daiichi-keiei.jp/
■ ブログ
  http://daiichi-keiei.jp/staffblog
■「会計事務所を使いこなして銀行取引を上手に続ける方法」の「登録アドレス変更」
 「登録解除」は下記のページにて

http://daiichi-keiei.jp/mailmagazin

…………………………………………………………………………
Webでのお問い合わせお申し込みはこちら

http://daiichi-keiei.jp/gosoudan

…………………………………………………………………………

カテゴリー: スタッフブログ | コメントは受け付けていません。

コメントは受け付けていません。