スタッフブログ

「図書館の自由に関する宣言」

「図書館の自由に関する宣言」

【サマリー】
・本を読む
・図書館の自由に関する宣言
・検閲と自由

最近、何冊かの本を「勉強以外」で読みました。
勉強以外というのは、「資格試験合格のため」以外という意味です。
ですが、仕事との関連はあります。

今回、皆さんにご紹介したいのは、「図書館の自由に関する宣言」(日本図書館協会 1954 採択 1979改訂)というものです。読んだ本(この本については再読ではありますが、皆さんへのご紹介は初ということでお許しください)は「図書館戦争」という本です。

「図書館戦争」の本編はいわゆるフィクションですが、その中に「図書館の自由に関する宣言」が出てきます。この宣言はフィクションではなく現実に存在します。
日本図書館協会のホームページで見ることが出来ます。

http://www.jla.or.jp/library/gudeline/tabid/232/Default.aspx

紹介すると、
「図書館は、基本的人権のひとつとして知る自由をもつ国民に、資料と施設を提供することをもっとも重要な任務とする。
この任務を果たすため、図書館は次のことを確認し実践する。
第1 図書館は資料収集の自由を有する
第2 図書館は資料提供の自由を有する
第3 図書館は利用者の秘密を守る
第4 図書館はすべての検閲に反対する
図書館の自由が侵されるとき、われわれは団結して、あくまで自由を守る。」
というものです。

こちらはフィクションではありません。

「図書館戦争」自体は、その設定に「権力に対する圧政に武力を持って抵抗する」という自由を守る方法に若干の弱さを感じはしますが、そこは置いておいても、この宣言を最初に知ったときはその崇高さに感動してしまいました。

皆さんのご自宅、職場の近くの図書館にもこの宣言を刻んだレリーフなどがあるかもしれません。

検閲の歴史と図書館。

いつか、大英図書館やその蔵書数を上回ると言われている、アメリカ議会図書館に一度は行ってみたいと思います。
できれば、足腰がしっかりしているうちに、書架にかけられた梯子を登り本を手に取る。

今回もお読みいただきありがとうございました。

カテゴリー: スタッフブログ | コメントは受け付けていません。

コメントは受け付けていません。