メールマガジンバックナンバー

会計事務所を使いこなして上手に経営を続ける方法

「ワークマンの新たな挑戦に注目」

作業服などを販売しているワークマンが、またまた面白い店舗展開を始めたようです。ワークマンは2年ほど前にワークマンプラスという店名で、カジュアルな街着を販売する店舗を出店し、今では全880店のうち216店が「プラス」というブレイクぶりです。以前はそれほど意識をしていなかったのですが、最近は注目している企業の一つです。

そもそも「プラス」のキッカケは、「プロ人口の減少」に危機感を持ったワークマン経営陣が打ち出した「仕事の効率を高める作業着」という商品戦略でした。一方で人手不足が常態化している作業現場の職人を集めるために、徐々に「ファッション化」も進めていきました。あくまでも職人さんを相手とした、従来からの市場ニーズを探り、それに応える商品コンセプトとして「効率性とファッション化」を打ち出したのです。

ところが経営陣にとって想定外な事態が起こります。なんとSNSを通じて「ダサかっこいい」ブランドの街着として一般客の間に広まり、一気にワークマンが認知されていったのです。アウトドア・ブランドであれば1万円を超えるような防寒着でも、その半額以下で手に入れられるということで、数年前から人知れず徐々に売上を伸ばしていたという訳です。経営陣は「あなたの知らないワークマン」どころか「自らの価値を知らなかった」と苦笑していたとか・・・

ワークマンプラスに並ぶ商品は、通常のワークマンにある商品と同じものです。要するに品揃えの重点や見せ方を変えることで新たな客層を「プラス」に引き付けているようです。そのワークマンが今回、女性向け商品を手厚くした「ワークマンレディース」、靴の「ワークマンシューズ」、雨具の「ワークマンレイン」という3種類の専門店を、今年から来年にかけて横浜や都内に順次出店していくというニュースがありました。

分野ごとに特化した店づくりを進め、そのニーズを深堀りすることで、通常店の売り場づくりにも生かすという戦略のようです。ちなみに「レディース」の中心価格帯は7802,900円とし、女性客と一緒に来店する男性向けの商品も置くようです。「シューズ」は滑りにくいスニーカーなどを中心に980円、1,980円、2,980円の3プライスに絞り込み、また「レイン」では防水防風機能付きウエアなども揃えて1,9005,800円となるようです。こうした商品展開と価格戦略もなかなか興味深いものがあります。

ワークマンの強みは、何といっても「安さ」と「丈夫さ」で、メーカーとの連携でプライベートブランド商品を大量生産することです。安易にトレンドを追わず、したがって値下げをすることなく在庫は翌年に持ち越しても売り切ることが出来るというものです。すでに「ワークマン女子」と呼ばれるファンが増えているとか・・・

女性客をつかめば、もれなく男性もついてくる?という戦略でしょうか。しっかりとしたファンづくりを進め、コロナ禍にあって厳しいアパレル業界の中で奮闘する、今回のワークマンの新しい挑戦を興味深く見ていきたいと思います。

カテゴリー: メールマガジンバックナンバー | コメントは受け付けていません。

コメントは受け付けていません。