メールマガジンバックナンバー

【会計事務所を使いこなして銀行取引を上手に続ける方法】

2020年9月2日(水)Vol.253
 
発行:株式会社 第一経営相談所 担当:斎藤 敏文
 
当メルマガは、以下の方に送付させていただいております。
・弊社とお取引き中、過去にお取引きさせていただいた方。
・メルマガに読者登録いただいた方。
・弊社のセミナーをお申込み,参加,お問い合せ,名刺交換させていただいた方。
 
*ご不要の場合には、大変恐縮ですが、本メールの最後の
「配信解除」をクリックして下さい。
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 
弊社は中小企業向けの事業承継・事業再生を支援する経営相談所です。

http://daiichi-keiei.jp/

 
このような会社はすぐにご相談ください。が
 
・毎年赤字で資産を取り崩したり,資金繰りのことで頭がいっぱい
・銀行借入金残高が年商の半分以上ある
・決算の内容から銀行借入の返済が不可能
・銀行の態度が悪くなった,融資を断られた,「経営改善計画書」を求められた
   ・・・などなど
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 
 
【本日のレポートはここからです】
   ↓↓↓↓↓
「資金で時間を買う」
 
おはようございます。
 
経営者は緊急事態が迫らないと、ほんとうの危機意識を表にださないことがあります。
 
今回のコロナ禍では、仕事がなくなる、資金繰りに窮する、といった現実を実感せざる得ません。
 
銀行が何とか資金供給に応じている間は、その資金をあてに経営を続けてきましたが、
昨今の状況では、融資を受けても資金繰りがもたない、と感じた経営者は多いでしょう。
 
銀行に相談すると第一に検討されるのがコロナ対応の融資です。
会社の条件次第では以下のような検討が行われます。
 
1、コロナ融資で緊急のサポートをする。
2、融資をしてもキャッシュフローから返済の見込みが厳しいので借り換えを勧められる。
3、有担保で借入している金額が多いので、担保余力を見たうえで融資を検討する。
4、担保余力もなく、事業でのキャッシュフロー返済も無理なのでリスケを検討する。
 
コロナ資金の無担保・無利息・無保証は当面の期間は返済据え置きのため、
リスケ中や金融事故を起こしていない限り、融資には応じてくれるはずです。
 
大切なことは、融資とは資金確保と同時に「時間を買う」ことでもあります。
 
時間を買う、、とは。
 
1、コロナ禍の窮状は耐え忍び、本業の再開に備える。
2、リストラすべき事業を精査したり、固定費削減に努める。
3、事業転換を見据えた経営計画を進める。
4、自社だけでの復活は厳しいので、事業譲渡やM&Aを進める。
5、廃業に向かって資産整理、債務整理をおこなう。
・・・・・・・・等々
 
資金と時間を活用して、自社に適した方向性を決めて動くべきでしょう。
 
今回もお読みいただき、ありがとうございます。
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 
…………………………………………………………………………
「経営革新等支援機関」認定について

http://www.daiichi-keiei.com/infomation/keieishien/

…………………………………………………………………………
 
…………………………………………………………………………
Webでのお問い合わせお申し込みはこちら

http://daiichi-keiei.jp/gosoudan

…………………………………………………………………………
 
第一経営 グループ
 
【本部事務所】
〒330-0835
 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目332
 (JRさいたま新都心駅より徒歩8分)
  株式会社 第一経営相談所
  TEL 048-650-0101(本部代表)
     048-650-0022(行政書士室)
     048-727-2021(FP事業部)
  FAX 048-650-0102
  社会保険労務士法人 第一経営 大宮事務所
  TEL 048-650-0101 / FAX 048-650-0118
【大宮事務所】
〒330-0835
 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1-332
 (JRさいたま新都心駅より徒歩8分)
  TEL 048-658-8888 / FAX 048-658-8900
【川口事務所】
〒335-0004
 埼玉県蕨市中央3丁目2番5号
 (JR蕨駅より徒歩3分)
 TEL 048-433-8234 / FAX 048-433-8327
【川越事務所】
〒350-0033
 埼玉県川越市富士見町32-2
 (JR川越線 川越駅より徒歩12分)
 TEL 049-236-3333 / FAX 049-236-3335
【越谷事務所】
〒343-0816
 埼玉県越谷市弥生町2-20 井橋第2ビル 4F
 (東武伊勢崎線 越谷駅東口より徒歩3分)
 TEL 048-967-3371 /FAX 048-967-3373
【熊谷事務所】
〒360-0841 
  埼玉県熊谷市新堀1丁目746-1 朝日ビル2F
 (JR籠原駅北口より徒歩2分)
 TEL 048-533-8335 /FAX 048-533-8336
 
会社案内
  http://daiichi-keiei.jp/
■ ブログ
  http://daiichi-keiei.jp/staffblog
■「会計事務所を使いこなして銀行取引を上手に続ける方法」の「登録アドレス変更」
 「登録解除」は下記のページにて

http://daiichi-keiei.jp/mailmagazin

 
カテゴリー: メールマガジンバックナンバー | コメントは受け付けていません。

コメントは受け付けていません。