メールマガジンバックナンバー

【会計事務所を使いこなして銀行取引を上手に続ける方法】

2020年7月8日(水)Vol.245

発行:株式会社 第一経営相談所 担当:出口 佳孝

当メルマガは、以下の方に送付させていただいております。
・弊社とお取引き中、過去にお取引きさせていただいた方。
・メルマガに読者登録いただいた方。
・弊社のセミナーをお申込み,参加,お問い合せ,名刺交換させていただいた方。

*ご不要の場合には、大変恐縮ですが、本メールの最後の
「配信解除」をクリックして下さい。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

弊社は中小企業向けの事業承継・事業再生を支援する経営相談所です。

http://daiichi-keiei.jp/

このような会社はすぐにご相談ください。が

・毎年赤字で資産を取り崩したり,資金繰りのことで頭がいっぱい
・銀行借入金残高が年商の半分以上ある
・決算の内容から銀行借入の返済が不可能
・銀行の態度が悪くなった,融資を断られた,「経営改善計画書」を求められた
   ・・・などなど

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
【本日のレポートはここからです】
↓↓↓↓↓
”ファンビジネスを考える”

おはようございます。

実は私は定期的に昭和時代の古き良き時代のゲームをプレイしに秋葉原などに年に数回行きます。

昔のゲームはグラフィックが今のようにきれいではなく、ストーリーも単純なものが多いのですが、それゆえにはまってしまうものがあります(あくまでも個人の意見です)。

新型コロナウィルス感染症拡大がなければ、東京はもとより、愛知・大阪など各地を旅行した際、今は見られない古いゲームにふれていたと思います。

今回お話しするのは、都内のいわゆる伝説のゲームセンターの話です。

開業は2006年ですからそれほど歴史は古くはないのですが、定期的に大会や番組配信なども行っており熱狂的なファンをつかんでおります。
今回の緊急事態宣言を受けて一時期休業を余儀なくされました。
お店は休業しましたが、その間も番組配信などでファンを飽きさせない取り組みを行なっておりました。

再開のめどが立った経営者はゲームセンターという商売柄、すぐには以前のようにお客様が戻ることにはならないと考えたのか、当初予定していた出店計画やイベント、受動喫煙防止対策などで必要な資金を思い切ってクラウドファンディングで行ない、目標額はわずか1日足らずで達成し、結果的には数千万円超過達成したそうです。
しかも、中には100万円単位で出資した方も複数存在しているそうです。

何がそこまでファンを引き付けるのでしょうか?
ゲームセンターは日本には数えきれないくらい存在します。
しかし、その多くは人気のあるゲームをただ並べているだけの店舗だと個人的に思います。
それではお客様の期待に応えているといえるのでしょうか?
最近見かけなくなったけれど自分が好きなあのゲーム、有料だけれども1ヶ月間に設置・好きなだけプレイして良いですよという企画も現在募集しており、なかなかの人気のようです。
ファンと店舗運営者が作り上げる姿勢(存在)がそのゲームセンターにはあるような気がします。

商売とは価格だけではない世界がそこにはあります。
お客様の期待に応えること(=価値を見出せること)がアフターコロナでは一つの答えになるかも知れません。

今回もお読み頂きありがとうございました。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

…………………………………………………………………………
「経営革新等支援機関」認定について
http://www.daiichi-keiei.com/infomation/keieishien/
…………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………
Webでのお問い合わせお申し込みはこちら
http://daiichi-keiei.jp/gosoudan
…………………………………………………………………………

■第一経営 グループ

【本部事務所】
〒330-0835
埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目332
(JRさいたま新都心駅より徒歩8分)
  株式会社 第一経営相談所
  TEL 048-650-0101(本部代表)
    048-650-0022(行政書士室)
    048-727-2021(FP事業部)
  FAX 048-650-0102
  社会保険労務士法人 第一経営 大宮事務所
  TEL 048-650-0101 / FAX 048-650-0118
【大宮事務所】
〒330-0835
埼玉県さいたま市大宮区北袋町1-332
(JRさいたま新都心駅より徒歩8分)
  TEL 048-658-8888 / FAX 048-658-8900
【川口事務所】
〒335-0004
埼玉県蕨市中央3丁目2番5号
(JR蕨駅より徒歩3分)
TEL 048-433-8234 / FAX 048-433-8327
【川越事務所】
〒350-0033
埼玉県川越市富士見町32-2
(JR川越線 川越駅より徒歩12分)
TEL 049-236-3333 / FAX 049-236-3335
【越谷事務所】
〒343-0816
埼玉県越谷市弥生町2-20 井橋第2ビル 4F
(東武伊勢崎線 越谷駅東口より徒歩3分)
TEL 048-967-3371 /FAX 048-967-3373
【熊谷事務所】
〒360-0841
  埼玉県熊谷市新堀1丁目746-1 朝日ビル2F
(JR籠原駅北口より徒歩2分)
TEL 048-533-8335 /FAX 048-533-8336

■会社案内
http://daiichi-keiei.jp/
■ ブログ
http://daiichi-keiei.jp/staffblog
■「会計事務所を使いこなして銀行取引を上手に続ける方法」の「登録アドレス変更」
「登録解除」は下記のページにて

http://daiichi-keiei.jp/mailmagazin

カテゴリー: メールマガジンバックナンバー | コメントは受け付けていません。

コメントは受け付けていません。