メールマガジンバックナンバー

会計事務所を使いこなして上手に経営を続ける方法

2020年3月25日(水)Vol.232
 
発行:株式会社 第一経営相談所 担当:吉村 浩平
 
当メルマガは、以下の方に送付させていただいております。
・弊社とお取引き中、過去にお取引きさせていただいた方。
・メルマガに読者登録いただいた方。
・弊社のセミナーをお申込み,参加,お問い合せ,名刺交換させていただいた方。
 
*ご不要の場合には、大変恐縮ですが、本メールの最後の
「配信解除」をクリックして下さい。
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 
弊社は中小企業向けの事業承継・事業再生を支援する経営相談所です。

http://daiichi-keiei.jp/

 
このような会社はすぐにご相談ください。
 
・毎年赤字で資産を取り崩したり,資金繰りのことで頭がいっぱい
・銀行借入金残高が年商の半分以上ある
・決算の内容から銀行借入の返済が不可能
・銀行の態度が悪くなった,融資を断られた,「経営改善計画書」を求められた
   ・・・などなど
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 
 
【本日のレポートはここからです】
   ↓↓↓↓↓
「足元にあるブルーオーシャン」
 
コロナショックが日増しに厳しさを増しています。卒業式や入学式をはじめ様々な文化・スポーツのイベントが次々と中止・延期・規模縮小となり、ちょっとしたセミナーですら自粛しています。金曜日の居酒屋も閑古鳥が鳴いている状況で、ありとあらゆる業界が悲鳴をあげ始めています。
 

 未知のウィルスという目に見えない敵との戦いだけでなく、様々な媒体を通して様々な情報が行き交う中にあって、正確な情報がキャッチできない場合に、人間一人ひとりの行動心理や群集心理がどう動いていくのか見当がつきません。

 どちらにしても相当の長期戦を覚悟しながら自社が出来ることを見極めて、一つひとつの課題に当たって行くしかありません。経営者が焦る気持ちを理解しつつも、とにかく正しい情報をキャッチして社内で共有することと当面の資金手当てを優先していく事が何よりも今、必要だと思います。

 さて少し話題は変わりますが、LINEといえば読者の皆様も多くが利用されている媒体かと思います。月間利用者8300万人、そのうち毎日使っている人は86%です。そう言われれば私もその一人。そのLINE株式会社の執行役員、江口清貴さんの話を聞く機会がありました。江口さんの軽快な語りは私たち中小企業にとってヒント満載。今回はその一部をご紹介します。

 ベンチャー企業を自認するLINEは「究極の他力本願」で経営をしていると言われます。その真意は「あるものを組み合わせる」ということ。「使い方の提案」をしているのだと言われます。ちょっと便利な提案、そこにブルーオーシャンがあると・・・

 いまの社会、身近なところで実に様々な問題が生じています。いじめの問題、ごみ問題など。そうした「問題には必ず解決策がある」。その思いを持続してチャレンジして行くところにイノベーションが起こる。

 無から有を創るというより自分たちは「いま手元にあるものを組み合わせることで新しいものを生み出している」と言い、更に「解決策には報酬がある」それが次のイノベーションの種になる、と言われます。継続企業としてきちんと利益を確保することの大切さが確認されています。

 LINEの価値基準(心がける姿勢)は「CLOSING THE DISTANCE(人と人の距離を縮める)」というものです。私たちが事業に夢を描くとき、遠くに何かを求め彷徨うのではなく、地域における自社の存在意義を見直し、人と人、人と企業、企業と企業をつなぐエンゲージメント(絆)を高めたなら、確かに自らの足元にブルーオーシャンが広がるのかもしれません。

今回もお読みいただき、ありがとうございます。
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 
…………………………………………………………………………
「経営革新等支援機関」認定について

http://www.daiichi-keiei.com/infomation/keieishien/

…………………………………………………………………………
 
…………………………………………………………………………
Webでのお問い合わせお申し込みはこちら

http://daiichi-keiei.jp/gosoudan

…………………………………………………………………………
 
第一経営 グループ
 
【本部事務所】
〒330-0835
 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目332
 (JRさいたま新都心駅より徒歩8分)
  株式会社 第一経営相談所
  TEL 048-650-0101(本部代表)
     048-650-0022(行政書士室)
     048-727-2021(FP事業部)
  FAX 048-650-0102
  社会保険労務士法人 第一経営 大宮事務所
  TEL 048-650-0101 / FAX 048-650-0118
【大宮事務所】
〒330-0835
 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1-332
 (JRさいたま新都心駅より徒歩8分)
  TEL 048-658-8888 / FAX 048-658-8900
【川口事務所】
〒335-0004
 埼玉県蕨市中央3丁目2番5号
 (JR蕨駅より徒歩3分)
 TEL 048-433-8234 / FAX 048-433-8327
【川越事務所】
〒350-0033
 埼玉県川越市富士見町32-2
 (JR川越線 川越駅より徒歩12分)
 TEL 049-236-3333 / FAX 049-236-3335
【越谷事務所】
〒343-0816
 埼玉県越谷市弥生町2-20 井橋第2ビル 4F
 (東武伊勢崎線 越谷駅東口より徒歩3分)
 TEL 048-967-3371 /FAX 048-967-3373
【熊谷事務所】
〒360-0841 
  埼玉県熊谷市新堀1丁目746-1 朝日ビル2F
 (JR籠原駅北口より徒歩2分)
 TEL 048-533-8335 /FAX 048-533-8336
 
会社案内
  http://daiichi-keiei.jp/
■ ブログ
  http://daiichi-keiei.jp/staffblog
■「会計事務所を使いこなして銀行取引を上手に続ける方法」の「登録アドレス変更」
 「登録解除」は下記のページにて

http://daiichi-keiei.jp/mailmagazin

カテゴリー: メールマガジンバックナンバー | コメントは受け付けていません。

コメントは受け付けていません。