スタッフブログ

債務の多い銀行には預金を置きすぎない

おはようございます。
 
今回は金利の話も含めて、債務の多い銀行には預金を置きすぎない方が良いというお話をさせていただきます。
 
まず、金利の考え方ですが、経営者の皆さんは借入した時の金利だけを考えがちですが、
金利には「表面金利」と「実効金利」があることを覚えておいてください。
 
表面金利は皆さんが借入した時の金利ですが、実効金利は銀行員が意識する金利で、以下のように考えます。
 
(支払利息-受取利息)÷(融資総額-預金総額)× 100
 
このような計算式になります。
 
例えば御社が、A銀行に年間平均の融資残高が6,000万円あって、平均の金利が2.5%だったとします。
同じくA銀行に、預金の平均残高が3,000万円あって、平均の受取利息が0.1%だったとします。
 
これを算式にあてはめて、(150万円-3万円)÷(6,000万円-3,000万円)= 0.049となり、
これに100を掛けると、0.049×100=4.9となり、実効金利は4.9%となります。
 
A銀行は御社へ6,000万円の貸付をしているのに対して150万円の利息を支払ってもらい、
6,000万円を貸付けている一方で3,000万円を預けてもらっているので、実質3,000万円を貸付けていることになります。
147万円の利息収入に対して3,000万円の貸付ですと、147万円÷3,000万円=0.049となり、
実効金利は0.049×100=4.9%に上がってしまうわけです。
 
経営者は2.5%で借入している認識ですが、銀行は4.9%の金利で貸付けている認識です。
銀行が預金を自行に集めたがっている理由がわかるかと思います。
 
そうした銀行に対して債務過多になりますと、様々な問題も起きてきます。
銀行から定期預金や積金を求められて資金が使えなくなったり、デリバティブ取引を勧められたりもします。
また、取引先の入金を一手に集められたり、振込や引落が集中すると、他行との取引が疎遠になったりもします。
 
銀行との関係が悪化した場合など、定期預金や積金の解約を拒まれたり、銀行取引約定の関係で、
預金と債務を相殺されるようなケースもあります。
 
対応策は、借入の多い銀行に預金を集中させないことが大切です。
御社の借入状況を把握しながら、銀行との上手な付き合い方をしてください。
 
ご不明な点は、経営コンサルティング室に相談ください。
 
今回もお読みいただき、ありがとうございます。
 
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
 
…………………………………………………………………………
「経営革新等支援機関」認定について

http://www.daiichi-keiei.com/infomation/keieishien/

…………………………………………………………………………
 
…………………………………………………………………………
Webでのお問い合わせお申し込みはこちら

http://daiichi-keiei.jp/gosoudan

…………………………………………………………………………
 
第一経営 グループ
 
【本部事務所】
〒330-0835
 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目332
 (JRさいたま新都心駅より徒歩8分)
  株式会社 第一経営相談所
  TEL 048-650-0101(本部代表)
     048-650-0022(行政書士室)
     048-727-2021(FP事業部)
  FAX 048-650-0102
  社会保険労務士法人 第一経営 大宮事務所
  TEL 048-650-0101 / FAX 048-650-0118
【大宮事務所】
〒330-0835
 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1-332
 (JRさいたま新都心駅より徒歩8分)
  TEL 048-658-8888 / FAX 048-658-8900
【川口事務所】
〒335-0004
 埼玉県蕨市中央3丁目2番5号
 (JR蕨駅より徒歩3分)
 TEL 048-433-8234 / FAX 048-433-8327
【川越事務所】
〒350-0033
 埼玉県川越市富士見町32-2
 (JR川越線 川越駅より徒歩12分)
 TEL 049-236-3333 / FAX 049-236-3335
【越谷事務所】
〒343-0816
 埼玉県越谷市弥生町2-20 井橋第2ビル 4F
 (東武伊勢崎線 越谷駅東口より徒歩3分)
 TEL 048-967-3371 /FAX 048-967-3373
【熊谷事務所】
〒360-0841 
  埼玉県熊谷市新堀1丁目746-1 朝日ビル2F
 (JR籠原駅北口より徒歩2分)
 TEL 048-533-8335 /FAX 048-533-8336
 
会社案内
  http://daiichi-keiei.jp/
■ ブログ
  http://daiichi-keiei.jp/staffblog
■「会計事務所を使いこなして銀行取引を上手に続ける方法」の「登録アドレス変更」
 「登録解除」は下記のページにて

http://daiichi-keiei.jp/mailmagazin

 
カテゴリー: スタッフブログ | コメントは受け付けていません。

コメントは受け付けていません。