スタッフブログ

「資金繰り表の重要性」

こんにちは。

先日、支払い状況の悪いお客様の相談にのった際のお話をしたいと思います。

  建築業関連のお客様で、近年ようやく納税の遅れが解消され,金融機関から
 の融資も実行されましたが、過去に資金繰りが厳しかった時期に親戚から借入
をしており,その返済や融資実行月の売上入金が少なくて、早くも資金ショート
気味の状況が見られました。

こういった場合,通常表計算ソフトなどで、先々の売上入金状況を確認して数か月
先を見越した資金繰表の作成をお願いするのですが、現状では来月の状況が分かっ
ても再来月以降の様子は良く分からない状況でした。

それでも現在施行中の現場の入金予定、今後の仕事の確保、手持ち資金の状況
を総合的に勘案すればある程度の資金状況は判断できます。

また、それでも資金が足りない場合に,金融機関に追加融資を交渉する際、あら
かじめ支払いサイトの短縮化をし,仕入単価の値下げを行うなどコスト削減をはか
る交渉を,材料業者に相談することも金融機関に通知することも有効です。

ありがちなのは支払いの延期で資金ショートを乗り切ろうとする社長さんが多いこと
です。

しかし経営状況の良い会社の支払いサイトは業界平均より良かったりすること
が多く、やや単価面で厳しい要求を協力業者にお願いしてもあまり嫌な顔をされ
ません。なぜなら単価面の厳しさを支払い面でカバーする事でメリット与えることが
出来るからです。

資金繰りを考えるとき、どうやって資金を繋ぐ(決済)するかだけでなく、現
状を打開することも一緒に考えられるようになれば良いと思います。

金融機関もそれなら経営上プラスの運転資金を融資することが出来るのではと
お話しし,社長様も「今後そうできるように頑張る」とおっしゃっていました。

今回もお読みいただき、ありがとうございます。

カテゴリー: スタッフブログ | コメントは受け付けていません。

コメントは受け付けていません。